タルラークサーバーで活動中の「ケロちゅう」が書くブログです。
ツクール ケロRPG体験版
2012年07月29日 (日) | 編集 |
最近の更新

 →7月31日 21時00分頃
   ・換金アイテム(魔法の粉など)を出やすく調整

 →7月31日 19時34分頃
   ・ウィンドミル、及びアローリボルバー以外の弓系スキルの命中率を少し高めに調整
    (基本的に命中率表記の無いスキルは命中率95%に設定されています。)


---------------------------------------

 →7月29日 20時34分頃
   ・取扱説明書の【その他仕様について】の部分に一文追加
   ・取扱説明書の最下部に簡単なキャラクター運用例等を追加

 →7月29日 17時37分頃
   ・モンスターのHPを全体的に低く調整
   ・月代のキャラクター名の一部がケシィとなっていた問題を修正

---------------------------------------

 →7月25日 22時20分頃
   ・一部スキル使用時にエラー落ちする問題を修正

---------------------------------------

 →7月17日 21時10分頃
   ・マグナムショットの貫通効果、及びアーチャー系の敵のステータス弱体化

---------------------------------------

 →7月17日 20時00分頃
   ・ダンジョン2層目にて、特定の敵との戦闘が正常に行われない不具合の修正

---------------------------------------

 →7月17日 11時00分頃
   ・マップ移動を行っても敵が復活しない問題の修正
   ・装備画面内でPageUp/PageDownキーが正常に機能していなかった問題の修正
   ・イメンマハに出入りする度に所持金が増える問題の修正
   ・イメンマハに出入りする度に一部キャラクターのレベルやステータスが初期化される問題の修正
   ・アビリティコアに書かれている必要AP量と、実際の必要AP量とがズレている問題の修正
   ・スキル習得に必要なAP量の見直し
   ・スキル習得時に増加するステータス量の見直し

---------------------------------------

 →7月16日 21時27分頃
   ・由香里に話しかけるとエラーが出る不具合を修正

---------------------------------------

 →7月16日 20時50分頃
   ・ステートの競合で戦闘が進まなくなる不具合を修正(その2)

---------------------------------------

 →7月15日 17時00分頃
   ・サイズの軽量化(使っていないデータの削除)
   ・ステートの競合で戦闘が進まなくなる不具合を修正

---------------------------------------

 →7月15日 12時46分頃
   ・敵の属性有効度
   ・パーティーヒーリング詠唱時の敏捷性増加率
   ・アイススピア詠唱時の敏捷性増加率
   ・ファイアボール詠唱時の敏捷性増加率
   ・サンダー詠唱時の敏捷性増加率

---------------------------------------

 →7月12日 10時30分頃
   ・敵のステート有効度
   ・通常攻撃を受けた際のウェイトゲージ減少率
   ・マナスポット利用時のウェイト時間

                             以上の調整を行いました。



①まずはこちらからRPGツクールVXのプレイに必要なRTPをダウンロードしてください。

②次にこちらからケロRPGの体験版をダウンロード。

③その後解凍やら何やらを行い、フォルダ内の無題4をダブルクリックしてゲーム開始です ・v・b

とりあえず、広場から見て北東の方角にある酒場(PUB)に行けばダンジョンには入れるはずです (*´ω`)


以下に簡単な取扱説明書を記載しておきますのでお役立てください。
また、バグ報告・ご意見・ご感想等ございましたらケロちゅうまでお気軽にご連絡ください。


ケロRPG取扱説明書


【最初に】 

■各種矢印キー(←↑↓→) ・・・ キャラクターの移動、カーソルの移動
■Enter/Spaceキー ・・・ 決定、話す、調べる
■0(テンキー) ・・・ キャンセル、メニューの表示
■Shiftキー ・・・ 押しながら矢印キーで歩く、メニュー画面で押すとパーティ編成画面へ
■PageUp/PageDown ・・・ ステータス/パラメータ振分画面などでの表示キャラクターの切り替え
■Aキー ・・・ パーティ編成時の並び替え
■F1キー ・・・ ゲームのプロバティを表示(ここで各種キー設定が可能)
■F2キー ・・・ タイトルバーにFPS(秒間あたりのフレーム数)を表示
■F12キー ・・・ 強制的にタイトルへ←不具合発生の可能性がある為、F12キーの使用はお控えください
■Alt+Enterキー ・・・ ウインドウモードとフルスクリーンモードの切り替え
■Alt+F4キー ・・・ ゲームの強制終了

<戦闘時>
■Qキー ・・・ コマンド選択時以外の時に押しっぱなしで逃走
■0(テンキー) ・・・ 行動送り(ウェイトゲージ゙を20%消費する代わりに「何もしない」) ※ターンも経過した事にならない

※注意※
戦闘終了時に0(テンキー)を連打するとエラーが起こる場合があります。
Shiftキーを押しっぱなしにする事によりレベルアップ時のステータス増加量などの表示を飛ばす事が出来ます。




【メニュー画面】

01 メニュー

フィールド画面で0(テンキー)を押すとメニューが開く

このメニュー画面ではセーブを行ったり、所持金の確認、キャラクター状態の確認などができます。
この画面でShiftキーを押すとすぐにパーティ編成画面へ移動できます。



【アイテム】 

02 アイテム

各種アイテムを確認、使用できる画面です。



【スキル】 

03 スキル

PageUp/PageDownキーで表示キャラクターを切り替え可能

ここではそのキャラクターが覚えているスキルを見たり使ったりする事ができます。
明るく表示されているのが「常時使用可能」なスキルで、暗く表示されているのが「バトルでのみ使用可能」なスキルです。
ほとんどのスキルはバトル時専用なので暗く表示されちゃいます。


03.1 ●印

スキル毎にステータスボーナスが設定されており、たくさんのスキルを覚えるほどキャラクターのステータスは強化されていきます。



【装備】 

04 装備

PageUp/PageDownキーで表示キャラクターを切り替え可能

各種装備を確認、変更できる画面です。


★アビリティコアについて 

04.1 アビリティコア

アビリティコアとはキャラクターが新しいスキルを習得する為に必要なアイテムの事で、赤色のコアは物理攻撃系スキル、青色は魔法攻撃系スキル、緑色はステート付加系スキル、白色はバトル中使用不可スキル(セットするだけで効果が出るスキル)をそれぞれ表しています。

スキルを習得する方法は至って簡単。
①習得したいスキルに対応したアビリティコアを装備する(ファイナルヒットを習得したいのなら 【ファイナルヒット】 を装備)
②装備した状態で敵と戦闘を行い勝利する
③勝利時に手に入る「AP」と呼ばれる数値が一定値以上溜まれば習得完了(ファイナルヒットならAP60で習得完了)

これだけです。

尚、APの溜まり具合は画面右下、及びメニュー画面の「APビューア」で確認できます。


★エンチャントスクロール(ES)について 

04.2 エンチャント

装備品に装備する装備、それがESです。
ただし装備する為には「必須装備&スキル」に記載されている条件を満たす必要がありますのでご注意ください。
ちなみに本来のマビの仕様とは異なり着脱可能です。



【ステータス】 

無題3

PageUp/PageDownキーで表示キャラクターを切り替え可能

【H】
そのキャラクターのHPを表します。
主に敵からの攻撃で減少していきます。
この値が0になると戦闘不能状態となり一切の行動がとれなくなります。

【M】
そのキャラクターのMPを表します。
主にスキル使用時のコストとして支払われます。
この値が0になると気絶状態となり一切の行動がとれなくなります。

【攻撃力】
そのキャラクターの物理攻撃力に影響します。
この数値が高ければ高いほど物理攻撃時に相手に与えるダメージが大きくなります。
基本的にこのゲームでは物理攻撃時のみクリティカルが発生します。(一部例外あり)

【防御力】
この数値が高ければ高いほど物理攻撃を受けた際の被ダメージが少なくて済みます。

【精神力】
そのキャラクターの魔法攻撃力・魔法防御力に影響します。
この数値が高ければ高いほど魔法使用時に大きなダメージを与えられ、尚且つ相手からの魔法ダメージを軽減させる事ができます。

【敏捷性】
ウェイトゲージの増加速度に影響します。
敏捷性が高いキャラほどウェイトゲージの増加速度が速く、たくさん行動できます。

【通常攻撃命中率】
通常攻撃の命中率を表します。
スキル成功率とは別に計算されている為、スキル使用時はこの数値の影響を一切受けません。

【物理攻撃回避率】
敵からの物理攻撃をどれくらいの確率で回避できるかを表します。
魔法攻撃は基本的にこの数値の影響を受けません。

【クリティカル】
物理攻撃時にどのくらいの確率でクリティカルが発生するのかを表します。
基本的に魔法攻撃時にはクリティカルは発生しません。
尚、クリティカル発生時は相手に与えるダメージ量が2.5倍になります。


★属性有効度について 

無題

キャラクターの属性有効度をレーダーチャート&数値で表示します。
レーダーチャートの円が大きいほど低耐性…いわゆる弱点となります。
属性の種類は以下の通りです。

・打撃
・斬撃
・ウィンドミル
・弓
・マナリカバリー(MP回復)
・MPダメージ
・魔法攻撃全般


★ステート有効度について 

無題1

キャラクターのステート有効度をレーダーチャート&数値で表示します。
レーダーチャートの円が大きいほど低耐性で、状態異状に掛かりやすいと言えます。
ステートの種類は以下の通りです。

・猛毒(ターン経過や移動でダメージを受ける)
・目くらまし(物理攻撃の命中率が1/4になる)
・沈黙(弓系以外のスキルがほぼ使用不可になる)
・混乱(味方側を通常攻撃してしまう)
・睡眠(ウェイトゲージが進まなくなる)
・しびれ(ウェイトゲージの増加速度が半分になる)
・ショック状態(混乱&MPに継続ダメージを受ける)

※基本的に敏捷性の低いキャラほどたくさんの耐性を持っています。


★好み/成長度について 

無題2

食べ物の好み、及び各種ステータスの成長度(伸びやすさ)が表示されます。
成長度「10」がアベレージです。

※基本的に敏捷性の高いキャラほど嫌いな食べ物が多く設定されています。



【パラメータ振分】 

06 パラメータ振分

↑↓キーで上下移動  ←→キーで振り分け
PageUp/PageDownキーで表示キャラクターを切り替え可能

レベルアップ時に得られるRPを使い各種パラメータを強化していく画面です。
確定後の振り直しも可能ですので、気軽に上げ下げしてみてください。



【パーティ編成】 

07 PT編成

Enterキーで戦闘メンバーと待機メンバーの入れ替え  0(テンキー)で終了
Aキーで戦闘メンバー同士の並び替え  Shiftキーで待機メンバーへ移動 

戦闘メンバーと待機メンバーを入れ替えたり、戦闘メンバー同士で並び順を変更したりできる画面です。
並び順としては 左側が最前列、右側が最後尾 となっていまして、左側にいるキャラほど敵から狙われやすくなります。(デフォルトでは左側から順に 40,30,20,10 と狙われやすさが設定されています)
この為、詠唱行為が必要になりやすい魔法系のキャラは後列(右側)に配置するとその力を十分に発揮してくれる事でしょう。



【その他仕様について】 

◆ゲーム内のターン経過条件は キャラクター(敵キャラ含む)が「行動送り」以外の行動をとった時 となっていまして、1対1の状況だろうと4対4の状況だろうと関係なく、とにかくキャラクター1体が行動送り以外の行動をとると1ターン経過したと見なされ、処理されます。

◆「防御」コマンドを選択するとHPが5%、MPが1%回復します。

◆基本的にレベルアップではスキルを覚えません。アビリティコアを使用してスキルを習得して下さい。

◆ステータスの項目にも書かれていますが、MPが0になっても気絶状態となり一切の行動がとれなくなります。(戦闘不能と同意義)

◆敵との遭遇はシンボルエンカウント制となっていますので、極力戦闘を避けての進行も可能です。

◆「かばう」スキルを使用中に全体攻撃を食らってしまった場合、味方の人数分攻撃を食らうこととなり、結果ものすごいダメージ量になります。

◆デフォルトのキー設定が使いにくい場合はF1キーを押して設定を変更しよう!

◆敵を倒す、敵から逃走するなどして消滅した敵キャラクターはマップ移動を行う事で復活します。

◆通常攻撃を受けたキャラクターはウェイトゲージが少しだけ減少します。

◆マビノギには存在しないスキル、いわゆるケロRPG専用スキル(マナリカバリー等)はMP割合消費となっていますので燃費は悪いです。しかしその分効果は強力ですので、使いどころを見極めて使用してみてくださいっ。



【各キャラクターの特徴・運用例等】 

≪ぽん≫ 
【長所】
 ●全キャラクター随一の攻撃力
   →瀕死状態での痛み返しはすごい威力が出る。
   →くれぴすが覚えるスキル「エール」と組み合わせると瀕死状態にしやすい。
 ●高い魔法防御力
   →魔法攻撃全般に対して強い耐性を持つ。
 ●苦手属性がない
【短所】
 ○マナリカバリーの回復量が半減してしまう
 ○敏捷性が低い
【運用方法】
 ・苦手属性がないので前衛推奨。どんな攻撃も無難に受けられ、且つ「痛み返し」の威力も上がる。
 ・攻撃面(攻撃力/敏捷性/クリティカル)重視の育成がお勧め。


≪ケロ≫ 
【長所】
 ●打撃・ウィンドミル耐性
   →物理攻撃の大半を軽減できる。
   →ケロ自身の防御力も低くはない。
 ●苦手属性がない
 ●魔法を使える
   →「魔力解放」使用時は火力が大幅に上昇する
【短所】
 ○マナリカバリーは自身には使えない(使っても効果が無い)
 ○敏捷性が低い
 ○攻撃力が低い
【運用方法】
 ・魔法使いとして運用するのならば後衛推奨。
 ・その打撃耐性を活かしての前衛も可能だが、その場合は魔法使いとしての運用は難しくなる。
 ・魔法使いとして運用するならMPや精神力、敏捷性を伸ばすと良い。
 ・壁役として運用するなら防御面(HP/防御力/回避率/狙われやすさ)重視の育成がお勧め。


≪ひぐま≫ 
【長所】
 ●高いHPを持ち、打たれ強い
 ●「かばう」スキルを最初から覚えており、味方のスキル準備を手助けできる
   →「ウィンドブレイカー」スキルと組み合わせれば被ダメージが少なくなり使いやすい
【短所】
 ○MPダメージに弱く、MPや精神力もあまり伸びない
【運用方法】
 ・前衛推奨、ただしMPダメージには要注意。
 ・どんな育成をしても無難に活躍できるが、やはり防御面重視の育成が吉か。


≪アルガナ≫ 
【長所】
 ●全キャラクター随一の敏捷性
   →このゲームにおいて『速い』というのはそれだけで大きな武器となりえる。
【短所】
 ○打たれ弱い
 ○嫌いな食べ物がとても多い
【運用方法】
 ・打たれ弱い為、基本は後衛推奨。
 ・パラメータ振分や「見切り」スキルなどで回避率を上げた状態であれば、「かばう」との併用で相手からの物理攻撃をほぼ無効化…なんて芸当ができるかもしれない。


≪くれぴす≫ 
【長所】
 ●サポート系のスキルをたくさん覚えられる
   →魔法使いではないものの「ナチュラルマジックシールド」と「エレメンタルマジックシールド」のスキルを覚える事ができる。
 ●「知識人」スキルによりアイテムの回復効果を2倍にする事ができ、お財布に優しい。
 ●苦手属性がない
【短所】
 ○MP以外のステータスは少々伸びづらい
【運用方法】
 ・どんなポジションでも器用にこなせる、やろうと思えばなんでもできる。
 ・基本はサポートの機会を増やす為にも敏捷性重視での育成がお勧め。


≪楓桜花≫ 
【長所】
 ●高い攻撃力と敏捷性
 ●「集中」スキルを最初から覚えており、モンスターが使ってくる「飛翔」スキルを潰しやすい
【短所】
 ○打たれ弱い
【運用方法】
 ・後衛推奨だが、ウィンドミル耐性が低いので死ぬ時は死ぬ。
 ・攻めてなんぼのキャラなので、攻撃力やクリティカル重視での育成がお勧め。


≪ニンタ≫ 
【長所】
 ●魔法使いでありながら高めの敏捷性
   →詠唱を潰されにくく、ガンガン魔法を使っていける。
 ●有効度0%のステートが多い
 ●「マナドレイン」で相手を気絶状態にする事ができる
   →ついでにMP回復もできる
【短所】
 ○打たれ弱い
【運用方法】
 ・後衛推奨。打たれ弱いのはもうどうしようもないので諦めよう。
 ・精神力重視での育成がお勧め、「マナドレイン」を数回当てれば大抵の敵は気絶する。


≪みるふぃゆ≫ 
【長所】
 ●高い敏捷性と程良い打たれ強さ
 ●フィールドで「ハイド」を使用するとモンスターとの戦闘を回避できる
   →戦闘中でも一定の条件を満たせば相手の単体攻撃をやり過ごす事ができる。
【短所】
 ○攻撃魔法に弱く、MPや精神力もあまり伸びない
【運用方法】
 ・『弓が使えるようになったひぐま』という感じのキャラクターで、攻撃魔法にさえ気を付けていれば中々に使いやすい。
 ・フィールドで「ハイド」を使用する場合はMP管理が疎かになりがちなので、こまめにメニュー画面を開いて他キャラクターのMP残量に気を使ってやろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可