タルラークサーバーで活動中の「ケロちゅう」が書くブログです。
マビフト ルール調整
2011年07月11日 (月) | 編集 |
現在マビフトのルールを調整中です。

調整(変更)箇所は赤字で記載されています。


仮ルールの詳細


★必要な物 
入場用のアルビアリーナ用コイン(最低1枚)は各自で用意されるようお願い致します。(ティルコネイルの学校にいるレイナルドから購入できます)
イベント中必要になってくる「アリーナコイン」・「サイコロ」・「ランナー識別用点滅ローブ」はこちらで用意させていただきます。


【概要】 
『マビノギでやるアメリカンフットボール』、それがマビフトです。
アルビアリーナを使用して行われる3対3のチームバトルで、4回の攻撃チャンス(攻撃権)でより多く得点したチームの勝利となります。
尚、このマビフトではサイコロを持って走る人を「ランナー」、そのランナーを護る人を「ガード」と呼びます。


【基本ルール】 
試合は攻撃側と守備側に分かれ3対3で行われます。
攻撃側は相手の壁裏陣地にサイコロを投げ入れれば得点(タッチダウン)。
守備側はそれを阻止します。
ただし攻撃側でサイコロを持てるのは1人(ランナー)だけで、目印として「ランナー識別用点滅ローブ」を装備しなくてはなりません。


【攻撃権の移動について】 
・サイコロが地面に落ちる
・ランナーがスマッシュで吹き飛ばされる
・四度目の攻撃(フォースダウン)が終了する
・攻撃側の時間超過
・プレイ中にランナーがフィールドから離れる
以上、どれか1つを満たすと攻撃権が移動し、攻撃側と守備側が入れ替わります。


【陣地について】 
マップの東と西にある「石畳では無い場所」がそれぞれの陣地となります。


【得点(タッチダウン)について】 
このマビフトでは、相手の壁裏陣地に「サイコロ投げアクション」でサイコロを投げ入れる事をタッチダウンと言います。
タッチダウンに成功した場合、「6点~8点」の得点が手に入ります。
※ランナーを担当した種族によって獲得得点が異なります。
 <人間> ⇒ 8点
 <ジャイアント> ⇒ 7点
 <エルフ> ⇒ 6点


陣地の境界線付近にサイコロが落ちた場合、タッチダウンか否かは審判が判断します。
※目安としては『サイコロの一部でも敵陣地に入っていたらタッチダウン』と致します。

赤=壁裏陣地
マビフト陣地
(※上の画像は タワーシリンダー設置→スクリーンショット機能 を使い撮影したものです。)


【装備について】 
<人間>⇒右手には各種ランスのみ装備可能、左手の装備は自由です。
<ジャイアント>⇒右手には何も装備できません、左手の装備は自由です。
<エルフ>⇒右手には何も装備できません、左手の装備は自由です。
<ランナー>⇒種族に関係なく右手にはサイコロのみ装備可能、そして進行役から渡される「ランナー識別用点滅ローブ」の着用が義務付けられます。左手の装備は自由です。
※点滅系のローブはランナー以外着用する事ができません。

また、近接自動防御・移動速度UPの効果が付いているアイテムはどの種族、どの箇所であっても装備できません。
上記に違反しない限り、どのアイテムを装備しようと自由です。

 ▼遠距離自動防御の効果が付いたアイテムが装備可能になりました


【試合中に使用可能なスキル・アクションについて】 
<人間>⇒アタック・ディフェンス・スマッシュ・カウンター・回避・死んだフリ・サイコロ投げ・各種エモーション
<ジャイアント>⇒アタック・ディフェンス・スマッシュ・カウンター・回避・ダウンアタック・サイコロ投げ・各種エモーション
<エルフ>⇒アタック・ディフェンス・スマッシュ・カウンター・回避・死んだフリ・サイコロ投げ・各種エモーション
※プレイ開始前にサイコロ投げアクションを準備する事はできません。
※ペルソナは使用禁止です。

 ▼ストンプ・突進系スキルが使用不可になりました


【開始の合図について】 
審判の「レディーー」の発言の後にホイッスルが鳴り、そのホイッスルの音でプレイが開始されます。
この時、守備側は必ず自分の陣地内にいるようお願いします。
また、試合をスムーズに行う為にも以下の事をお守り下さい。
①攻撃側の代表はプレイ開始の準備ができたら ● を全体チャットで発言して下さい、攻撃側の ● が確認出来次第プレイ開始の合図を致します。
②攻撃側の制限時間は「3分」です、制限時間が過ぎると相手チームに攻撃権が移ります。
③一度 ● が出でプレイが開始されると、基本的に時計は3分間ノンストップで回り続けます。
④プレイ開始時、及びプレイ終了時等に笛を鳴らしますので、[環境設定]の演奏ボリュームは可能な限り大きくしてください。


【再攻撃について】 
ランナーが行動不能ダウン・ノックバック死んだフリ状態になる、またはダウンアタックを使用するとプレイが止まります。(審判が笛を鳴らします)
プレイが止まった後、審判はランナーが倒れた位置(またはダウンアタックで着地した位置)にアクセサリーを置きます。(攻撃側陣地内を除く)
攻撃側はそのアクセサリーの位置よりも後ろ(自陣地寄り)からの再攻撃が可能となります。
この再攻撃は1回の攻撃(攻撃権)につき3度行う事ができます。
尚、一度目の攻撃を「ファーストダウン」、二度目の攻撃を「セカンドダウン」、三度目の攻撃を「サードダウン」、四度目の攻撃を「フォースダウン」と言い、フォースダウンでタッチダウンできない場合には攻撃権の移動が発生します。
一気に相手陣地まで行ってタッチダウン!が理想ではありますが、無理をせず危険を感じたらすぐに死んだフリを使用、少しずつ前進していくのも一つの手です。
ちなみに開始位置より前進した場合を「ゲイン」、逆に後退した場合を「ロス」と言います。
※ファーストダウンの時は攻撃側も自陣地内からのスタートになります。
※再攻撃の際、アクセサリーが相手陣地内にあったとしてもプレイ開始前に相手陣地内へ侵入する事はできません。



【先攻・後攻の決め方について】 
試合開始前に両チームの代表同士がサイコロを振り合い、出た目が大きい方が先攻となります。


【星の調節について】 
アリーナでは倒されると頭上の星が1つ奪われてしまいます。
また、星が1つも無い状態でラウンド終了を迎えると強制退場させられてしまいます。
ランナーがプレイ中に強制退場させられると攻撃権が相手側に移ってしまうので、時間に余裕があるのなら1プレイ毎の補充(再入場)をお勧めします。
基本的には誰がどのタイミングで再入場を行おうと自由です。


【復活について】 
復活は自由です、制限はありません。


【その他・アイテム等の使用について】 
プレイ中の「ペット」・「変身」・「各種アイテム」の使用は禁止です。
プレイの合間であれば「エリクサー」以外のアイテムは使用可能ですし、変身・ペットを使った回復も可能です。


【勝利条件について】 
・試合終了時(両チーム4回の攻撃権を行使後)に相手チームより多く得点している
以上を満たすと勝利となります。
同点の場合は引き分けとなります。


【注意事項】 
観客の皆様は、ディフェンス、ヒーリング、休憩スキル等を使用し、試合に影響が出ないよう配慮願います。
また、その他周りの方が迷惑に感じるような行為はお控え下さい。
特に爆弾は被害が大きいので、先に使い切っておく事をお勧め致します。
※試合と直接関係のない戦闘(観客同士・観客を巻き込んでの戦闘等)は極力ご遠慮下さい。
また、直接的な戦闘行為ではない「石投げ」等の挑発的な行為もお止め下さい。過度の挑発行為は相手を不快にさせます。
もちろん、これは審判に対しても同様です。「審判の判定が気に入らないから」等の不満が出た場合でも、石を投げたり審判に殴りかかったりするのは絶対にお止め下さい。



【反則行為について】 
定められたスキル以外を使ってしまった。
爆弾を使ってしまった。等、明らかなルール違反を行うと反則となり、相手チームに1点が入り、その回の攻撃権が相手チームに移動します。ご注意下さい。
※行き過ぎたマナー違反も反則行為の対象となります。相手を不快にさせるプレイは控えましょう。



以上です。
コメント
この記事へのコメント
倒れた敵にランナーがダウンアタック・・・ということですかね?
2011/07/13(Wed) 02:21 | URL  | 花火 #-[ 編集]
はいっ、ジャイアントの場合はそうする事(ダウンアタック)によってプレイが止まりますね。

そしてテストしてみた結果ですが、ランスが優秀すぎた気がしたので…まだまだ調整の余地がありそうっ。
2011/07/14(Thu) 09:29 | URL  |  #-[ 編集]
やはりランスは基礎性能が・・・
2011/07/14(Thu) 09:46 | URL  | 花火 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可