タルラークサーバーで活動中の「ケロちゅう」が書くブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔話2
2008年09月13日 (土) | 編集 |
前記事である昔話1の続きです。
昔話1をまだご覧になっていない方は先にそちらをご覧下さい。


エルフの村は、大きな悲しみに包まれていました。
家は焼かれ、畑は潰され、村の外れの方には戦死者のものと思われる墓がいくつもたっています。
そう・・・まるで村全体が泣いているようでした。

それでも、エルフ軍の奮闘によりなんとか村の中心部への侵入は阻止したようで、中央広場の大樹の元に皆が集まり、傷の手当をしたり、何かを話し合ったりしています。

するとどこからか、明らかに場違いな・・・軽快で明るい笛の音が聞こえてくるではありませんか。
広場にいたエルフたちは一斉にその音の方へと目を向けます。
そしてその目線の先には、笛を吹きながら歩いて来る幼い姉妹の姿がありました。

エルフたちは姉妹に敵意がない事を感じ取ったのか・・・はたまた呆気に取られて動けなかったのか、しばらくそのまま様子を見ていました。
・・・が、そうしている間にも姉は着々と炊き出しの準備を進めていきます。
妹はというと、姉の横で聞くに堪えない下手な演奏をひたすら続けていました。


そして炊き出しの準備が終わると、姉妹は村全体に響き渡るほどの大声でこう言いました。

「「さぁ、召し上がれ!!」」

・・・炊き出し屋台の前にはあっという間に行列ができました。
コメント
この記事へのコメント
ケロさんをいただきます!

なんか赤い汁でてk(o≧ω≦)○))`ω゚)!・;'.アベシ!!
2008/09/13(Sat) 20:08 | URL  | 莉御 #SQ2W7ndE[ 編集]
ちゃんと食べ物を召し上がれ!
2008/09/13(Sat) 20:17 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
ストーリーやばい・・・

期待せざるを得ないじゃないか!


あと名前が似てる方、紛らわしくてサーセンw


ずっとこの名前なんです○凹









2008/09/14(Sun) 00:30 | URL  | ミゼラ #-[ 編集]
な、名前の事は気にしなくて良いかとっ。
今後のストーリーはどうなるのでしょうね!
2008/09/14(Sun) 05:39 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。