タルラークサーバーで活動中の「ケロちゅう」が書くブログです。
ケロっかの日記 その6
2008年07月22日 (火) | 編集 |
スキルの相性、そして相手スキルの見極め方を体得したケロっか。
これならばティルコの野良モンスター相手に負ける事はまず無いでしょう。

・・・・って、ここ。ティルコじゃないですね。


ずあーっ!

01アタック後相手が光った

いきなり戦闘中なケロっかです。
こんにちはっ!

ティルコの敵はあらかた狩りつくしたので、今回はちょっと遠出をしてセンマイ平原まで来てみました。
ここはクマさん達がたくさんいて、なんだかワクワクしますねー。
・・・っと、戦闘中に余計な会話は厳禁ですね。戦闘に集中しましょう。

さて、上の画像の通り、こちらの攻撃で相手が後退したのでディフェンスを準備っ・・・・と思ったら、相手が後退際に何かしらスキルを準備したようですね。体が光っています。
相手の準備したスキルがスマッシュかディフェンスかは知りませんが、とりあえずこちらはディフェンス準備を続行しましょうか。
相手が走ってきたらディフェンスを解除してアタックすればいいだけですしね!

・・・・むっ。

02そして相手が走ってきた

ちょっと暗くて分かりにくいですが・・・・相手が走ってきました!
相手の体が光った後に走ってきたらそれはスマッシュの証!こちらはディフェンスを解除してアタックで迎撃してやりましょう!

食らえ!スマッシュ潰しのアタッ・・・

03相打ち

・・・クッ!?

…って、あれれ??おかしいです。
相手がスマッシュ、こちらがアタックのはずなのに相打ちでお互いにダメージが入っています。
相性的にはアタックががグー、スマッシュがチョキなので一方的に勝てるはずなのですが・・・。

・・・・・
・・・・
・・・

あっ、そう言えば「ケロっかの日記 その4」のミミック戦で…

・相手の体が白く発光した時
 →これは相手が『何かしらのスキルを準備している』証拠です。(一部例外もいます)

…と書かれていましたね。
もしやこのクマはその「一部例外」に該当するモンスターなのでしょうか。
だとしたらどうしましょう。
何かしらのスキルを準備しているフリをして、実は何もスキルを準備していない・・・・。
つまりはスキルキャンセル・・・・フェイントを使ってくる!って事ですよね。

むむむ・・・・。
とりあえず今度は相手が光った後に突っ込んできてもディフェンスを解除せず、「相手はアタックだ!」と仮定してディフェンスで敵の攻撃を受けてみましょうか。


であっ!

04相手が光っても解除しない

こちらの攻撃で相手が後退しました・・・・が。
やはり後退際に体が白く光っていますね。
もしもフェイントではなく本当にスマッシュを準備していたら、こちらは見事に吹っ飛ばされてしまいます。
ちょっと怖いですが、何事も経験です!実際にやってみましょう!

さぁ、相手が光った後に突っ込んできました。
本来ならここでディフェンスを解除しアタックで迎撃するところですが、今回は「相手のフェイント読み」の為このまま待機です。

・・・・どうなるっ!?

05確実に防ぐ

ガキィィイン!

おぉ、上手く防げました!
相手のフェイント読み、見事に成功です。

その後もしばらくの間クマを相手に狩りを続けていたのですが、そのほとんどはスマッシュを使用せず、体が光った後に突っ込んできてもそれはアタックでした。
つまり、「クマにはアタック迎撃をする必要が(ほとんど)ない!」・・・という事ですね。

・・・でも、上の文で (ほとんど) と入っているように、たまーーにではありますが。

06フェイントあり

フェイントではなく本物のスマッシュを打ってくる時があるのですよねぇ・・・。
流石にクマのスマッシュは痛いですし、たまーにとは言えど食らうのは勘弁願いたいです。

・・・さて、そんな時はどうするか!?
こうするのです!

じゃじゃ~んっ!

07普通のスピード3打の武器

普通のスピード3打の武器ぃ~。

これを使うとあら不思議っ!
なんと相手がフェイントを使っているのか使っていないのかが丸解り・・・っ!
・・・と、まではいきませんが、ある程度の目安を立てる事は可能になります。

皆さんご存知の通り、遅い2打の武器だと相手の硬直時間が長いですよね。
そのおかげでこちらのスキル準備時間が確保でき、安定した戦闘が実現する訳・・・ですが。

あえてこの「遅いスピード2打の武器」を捨て、「普通のスピード3打の武器」にする事によって相手の硬直時間を短くします。
すると相手が光った後の待ち時間で、相手がフェイントを使っているのか使っていないのかが判別できるようになるのです。

最終的には慣れ・・・・経験だと思うのですが、『相手が光った後、ほとんど硬直なしで突っ込んできた場合。それはアタック』です。

そして『相手が光った後、一拍待ってから突っ込んできた場合。それはスマッシュ』です。

こればかりは実際に自分でやってみて感覚で覚えるしかないと思いますので、興味のある方は是非一度お試し下さい。
あっ、ちなみに二刀流を使うとより硬直時間が短くなり、判別が容易になります。
しかし盾が使えなくなる為、クマの攻撃を素手ディフェンスで安定して防げる方にしかお勧めできません。
ディフェンスに自信があれば是非どうぞっ!
コメント
この記事へのコメント
ケロっか・・・恐ろしい子!(ぇ
私そんなこと考えずにカウンターでひたすら待ちですよー
щ(´∀`щ)ヶヶヶ(щ´∀`)щ(ぇ
2008/07/22(Tue) 11:50 | URL  | 莉御 #SQ2W7ndE[ 編集]
なるほど~@@;

最近、たたみもDFを上げてきているので、とても勉強になります^^
2008/07/22(Tue) 15:31 | URL  | たたみ #-[ 編集]
>莉御さん。
カウンターのランクが高く、スタミナを維持し易い状態ならばカウンターでのガン待ちも良いのですが・・・。
ケロっかはカウンター待ちをずっと出来るほどスタミナに余裕がないので、このようにディフェンスを織り交ぜた戦闘を好みます。

>たたさん。
ディフェンスは上げれば上げるほどその地味な効果のありがたみが解ってくる素敵なスキルです。
ランク1になるとガッチガチですよ!
2008/07/22(Tue) 16:40 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
|々゚)<頑丈なディフェ1と聞いて。
それにてもすっかり初心者支援的なことになってるね。
2008/07/22(Tue) 19:16 | URL  | ぽんたぬき #DnE/tR8A[ 編集]
ディフェンスは本当に頑丈になりますよねー。
雑魚相手にはもちろんやられませんし、ゴースト等の強敵にもある程度太刀打ちできるようになります。
ディフェンス&アタックがランク1になってからはナオのお世話になる機会がグッと減りました。

初心者様に優しいブログ、ケロ活です!
2008/07/23(Wed) 07:13 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
クマなんてCCワンドでIBで弾幕を張れば連クリで終わります(ニヤ

言われてみればフェイントやってきますよね
盾+ショートソードは 盾+片手剣の組み合わせの中で一番すきな組み合わせです^^
2008/07/24(Thu) 12:35 | URL  | Wieter #-[ 編集]
なんという極悪っぷり!
うんうん。クマのフェイントにはよく引っ掛かったものです。
あら、ヴィタさんはショトソ好きなのですか。
なかなか通ですね。私も昔はショトソを愛用していました。
2008/07/24(Thu) 20:36 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
アドバイスしまーす
フェイントのときは体が光るけど音がならないっとなんかで書いてあったような・・・。ケロさん実証おねがいしまーす(なんでや「バキ
2008/10/11(Sat) 12:40 | URL  | 下から三番目 #-[ 編集]
おぉ、そうなのですかっ。
それは気付きませんでした。早速試してみますね!
2008/10/11(Sat) 13:21 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可