タルラークサーバーで活動中の「ケロちゅう」が書くブログです。
ケロちゅうの日記
2008年02月05日 (火) | 編集 |
積った雪も、もうほとんど溶けてしまいました。
こんばんは。ケロちゅうです。
ちょっとしょんぼり気分です・・・。

さて、今回は少し趣向を変えてみまして、日記風味な記事を書いてみました。

・・・え?
ブログなんだからそりゃ日記だろう・・・だって?
いやはや御尤も、その通りです。
まぁ、気にせずいってみましょう。


○月○日 晴れ

今日はユンお姉ちゃんと一緒にダンバートンへ買い物に行きました。
お姉ちゃんはイメンマハにある「騎士団養成学校」に通っていて、いつもは寮生活で家には帰ってきません。
なので久しぶりにお姉ちゃんと遊べて嬉しいです。

姉妹

お姉ちゃんは体が細くて ボン キュ ボン で・・・何を着ても似合います。
私は ストーン って感じで、くびれが無くて・・・胸も無くて・・・おまけに無愛想です。
こんな私と並んで歩いてて、お姉ちゃんは恥ずかしくないのかな?



お昼になったので、グリニスさんの食堂へ昼食を食べに行きました。
いつも元気なグリニスさん。おかげで店内はいつも賑やか、大繁盛です。

看板娘のフローラさんも忙しそうに走り回っていました。
・・・よくこぼさないなぁ。



グリニスさんの食堂でお昼を食べ終わって雑貨屋さんの前を通った時、黒い人が向こう側から歩いてきました。
お姉ちゃんとのお喋りに夢中だった私は、その黒い人が来ているのに気付かずぶつかってしまいました。

そしたらその黒い人はすごい形相で私を怒鳴りつけてきました。
「ごめんなさい。」って謝っても全然許してくれなくて、お姉ちゃんも一緒に謝ってくれたけどダメでした。

私が怖くて怖くて泣き出しそうになっていると、その黒い人が言いました。
・・・何て言ったかはよく覚えていないけど。
「お姉ちゃんが付き合えば許してやる。」みたいな事を言っていました。

付き合うってあれかな。彼女と彼氏になるって事かな。
私嫌だよ。お姉ちゃんがこんな男の人の彼女になるなんて・・・。

私が何もできずに震えていると、どこからか違う男の人の声が聞こえてきました。
黒い人とは違って、すごく優しそうな声でした。
でも、辺りを見回してもそれらしい人は見当たりません。

「誰でもいいから、いたら助けて下さい!」
そう心の中で叫んだ瞬間、カメラのフラッシュを何倍にも強力にしたような光が辺りを包んで、一瞬何も見えなくなりました。

ちょっとして、ビクビクしながら目を開けるとそこにお姉ちゃんはいなくて、代わりに白い鎧を着た大きな人がいました。手には何か鈍器のような物を持っていました。
それともう1人、上半身裸で背中に羽の生えた変な男の人が立っていました。

何が起きたのか全然解らなくてオロオロしている私に、羽の生えた男の人は微笑みながらこう言いました。
「君の事はマスターからよく聞いているよ。大丈夫、すぐに終わらすからね。」

そう言うと、その羽の生えた男の人はふわりと飛び上がり、黒い人を睨み付けました。
そして次の瞬間。

激怒

ものすごい衝撃と共に、黒い人は空の彼方へと吹っ飛んでいきました。
何だかよく解らなかったけど、白い鎧の人と羽の生えた男の人が助けれくれたみたい。

この後、ちょっと放心状態でボ~ッとしてて・・・。
気が付いたらお姉ちゃんが私の目の前にいました。

お姉ちゃんにさっき起こった事を話すと、何だかニヤニヤして必死に笑いを堪えていました。
むぅ・・・バカにしてるな。

あれ?
そう言えば白い鎧を着た人がいた時、お姉ちゃんはどこに行ってたんだろう?

気になったからお姉ちゃんに訊いてみたけど、何だか適当にはぐらかされてしまった・・・。
もしかして私の見間違いかな。まだ目がチカチカしてたし・・・きっとそうだよね。



そんな事があって、あっという間に夕方です。
もう帰らないとお母さんが心配しちゃうね。

帰りはお姉ちゃんのペリカンさんに乗って帰りました。

ぺぺゆでGO

お姉ちゃん。ペリカン免許取りたてって言ってたけど・・・。

かっとばし

飛ばし過ぎだよぉぉおおぉぉぉお!



えー、以上です!

いやー、こう言うのって書いてみると楽しいものですね。
これからも機会があったらまた書いてみたいと思います。

それしても、墓さんが見事なまでに悪役ですね。
勝手にすごい設定にしちゃってすみませんでした!
設定に不満があればケロちゅうまでお申し付け下さい。
今度は正義の味方役で登場・・・するかもしれませんよ!
コメント
この記事へのコメント
穴さんハマリ役ですね^^
2008/02/05(Tue) 23:30 | URL  | 坂上 #Yt1pp/PE[ 編集]
楽しく読ませていただきましたw
そして妹ケロさんが非常にかわいいw
2008/02/05(Tue) 23:31 | URL  | ミゼル琥珀 #CjR4k1/2[ 編集]
>坂上さん。
ええ、先程本人様の許可も頂きましたので、苦情の心配も無しですね!
墓さんは悪役が似合いすぎます。

>ミゼさん。
楽しく読んでいただければ幸いですー。
ふむふむ。ミゼさんはストーン派なのですね!
2008/02/06(Wed) 01:41 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
では姉妹そろってお持ち帰りで!w
2008/02/06(Wed) 13:36 | URL  | 輝雪 #7nflydWA[ 編集]
お久しぶりです!
もっと読みたいです…
今日も癒しをありがとう…
2008/02/06(Wed) 14:02 | URL  | おっさん #FBS4NHfE[ 編集]
妹ケロさんに萌えましたww
話の燃えましたww
2008/02/06(Wed) 15:30 | URL  | ディアガロス #-[ 編集]
墓穴さん、おつかれです・・・(涙
『妹ケロちゅう(さん)は姉の本当の姿を知りませんでした・・・これからどうなるのでしょうか』    みたいな?変だけど続きを楽しみにしています!
2008/02/06(Wed) 15:42 | URL  | フロエル #-[ 編集]
>雪さん。
確か雪さんも黒い人でしたよね。
御愁傷様です・・・。

>おっさん。
おお、光栄です!
こちらこそありがとうございます!

>ディアさん。
「萌え」とか「燃え」って・・・使い方が難しいですよね!

>フロさん。
これからどうなるのでしょう・・・私にも見当が付きません。
続編、書けたら書きますよ!
2008/02/06(Wed) 20:02 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
|々゚)こ、コレは面白い・・・
続きを期待して待っていよう。

ケロさんをお持ち帰りしながら待っていよう。
2008/02/06(Wed) 21:50 | URL  | ぽんたぬき #-[ 編集]
ありがとう・・・って!どんな待ち方ですかっ!
2008/02/06(Wed) 23:45 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可