タルラークサーバーで活動中の「ケロちゅう」が書くブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【マビフト】 第5回開催のお知らせ
2008年01月20日 (日) | 編集 |
寝起きで絶賛髪の毛爆発中のケロちゅうです。
こんばんは。

さて、マビフトの第5回目の開催日時が決まりましたのでご連絡させて頂きます。


1月22日(火) ルール変更
※【装備について】⇒人間は「近接自動防御」の効果が付いたアイテムは装着不可となります。

1月23日(水) 追記
※【星の調節について】⇒再入場タイムの間は時計が止まります。



★開催場所
3ch アルビアリーナ

★日時
1月25日(金) 21時よりスタート
※終了時間は24時~25時前後を予定しています。

★必要な物
入場用のアルビアリーナ用コイン(最低1枚)は各自で用意されるようお願い致します。
(ティルコネイルの学校にいるレイナルドから購入できます)
イベント中必要になってくる「アリーナコイン」・「サイコロ」はこちらで用意・配布させていただきます。


【概要】
「マビフト」は、アメフトをマビノギ流にアレンジしたゲームです。
アルビアリーナを使用して3対3のチーム戦を行い、9点先取、又はタイムアップまでにより多く得点したチームの勝利となります。
尚、このマビフトではサイコロを持って走る人を<ランナー>。
そのランナーを護る人を<ガード>と呼びます。

【基本ルール】
試合は攻撃側と守備側に分かれ、3対3で行われます。
攻撃チームは相手の陣地に「サイコロ」を落とせば得点(タッチダウン)。
守備チームはそれを阻止します。
ただし、攻撃チームでサイコロを持てるのは1人だけで、しかもヒール状態でなければいけません。
つまり攻撃側の1人は戦闘出来ず、実質「2:3」の状態になる、と言う事です。
ちなみに1試合の制限時間は13分です。

【攻撃権の移動について】
・サイコロが地面に落ちる
・サイコロを持っている人のヒールが全て消滅する(サイコロ投げアクション中を除く)
以上、どちらか1つを満たすと攻撃権が移動し、攻撃側と守備側が入れ替わります。

【得点(タッチダウン)について】
この「マビフト」では、相手の陣地にサイコロを落とす事を「タッチダウン」と言います。
タッチダウンをすると、その種族に応じた得点が手に入ります。
エルフがタッチダウンをすると「2点」。
ジャイアントがタッチダウンをすると「3点」。
人間がタッチダウンをすると「4点」が手に入ります。
種族によって得点が違うのは、走る速度が種族によって異なる為です。

【アクションボーナスについて】
通常のタッチダウンは、ただ地面にサイコロを落とすだけですが。
これはサイコロを落とす代わりに、サイコロ投げアクションを使用する事で発生するボーナスで、このボーナスに成功すると、通常のタッチダウン時の得点に加え「+1点」が手に入ります。
魅力的なこのボーナスですが、サイコロ投げアクションを使用すると大きな隙ができる為、余裕がある時、もしくは逆転狙いの時のみ狙っていくようにしましょう。

【チーム・種族について】
チームについてですが、事前のエントリー等は必要ありません。
試合前に会場にいるプレイヤー同士でチームを組み、試合を行う予定です。
この時、「この人とチームを組みたい!」とのご希望があれば、その通りにチームを組みたいと思います。
特にメンバーの希望がない方は、ランダムで他の余っている方とチームを組み、出場と言う形になります。
種族についてですが、制限はありません。
ジャイアント3人でも構いませんし、エルフ・ジャイアント・人間1人ずつの混合チームでも構いません。
また、1プレイ毎にメンバーを変える事も可能です。
最初から最後まで同じメンバーでいる必要はありません。
なのでもし欠員が出た場合、他の方に入っていただいてメンバーの補充が出来れば、試合を続行する事は可能です。
もちろん、欠員が出なくても任意にメンバーを変更する事は可能です。
イベント開始後の途中参加も可能です。

【陣地について】
マップの東と西にある「石畳では無い場所」が、それぞれの陣地になります。
陣地の境界線付近にサイコロが落ちた場合、タッチダウンか否かは審判が判断いたしますので、審判の指示に従うようお願い致します。
※目安としては『サイコロの一部でも敵陣地に入っていたらタッチダウン』と致します。

【装備について】
人間⇒右手には何も装備できません。また、近接自動防御の効果が付いているアイテムはどの箇所であっても装備できません。
エルフ・ジャイアント⇒両手には何も装備できません。
ただしランナーは種族に関係なくサイコロのみ装備可能です。
上記に違反しない限り、どのアイテムを装備しようと自由です。

【試合中に使用可能なスキル・アクションについて】
人間⇒アタック。ディフェンス。スマッシュ。カウンター。ウィンドミルが使用可能です。
ジャイアント⇒アタック。ディフェンス。スマッシュ。カウンター。ウィンドミル。ストンプが使用可能です。
エルフ⇒アタック。ディフェンスのみ使用可能です。
また、攻撃チームの「人間」「ジャイアント」のみ、上記のスキルに加え<突進>スキルを使用する事が可能です。
ただし種族に関係なく、サイコロを持っている1人はヒールのみ使用可能です。
ヒールの玉5つ全てが消滅すると攻撃権が相手に移りますのでご注意下さい。
尚、ヒールの再詠唱は禁止です。
ヒールランクが1の人は、ダウンしてもヒールの玉が1つしか消えない為、プレイ開始前に自己ヒールをして玉の数を1つにするようお願い致します。
アクションの使用は「サイコロ投げ」のみ使用可能で、その他は基本的に禁止です。

【対戦相手の決め方について】
3チーム以上いる場合は、各チームの代表がサイコロを振り合い、出た目が大きいチームから順に試合を行っていきます。

【先攻・後攻の決め方について】
試合開始前に両チームの代表同士がサイコロを振り合い、出た目が大きい方が先攻となります。

【開始の合図について】
基本的には、審判の「GO!」の合図でプレイが開始されます。
この時、必ず自分の陣地の中にいるようお願い致します。
また、試合をスムーズに行う為にも、以下の事をお守り下さい。
・各チームの代表者はプレイ開始の準備ができたら”●”(「まる」を変換すると出ます)をオープンチャットで発言して下さい。
両チームで”●”が確認出来次第、プレイ開始の合図を致します。
・審判の「GO!」の合図時、またはプレイ終了時等に笛を鳴らしますので、可能な方は[環境設定]の演奏ボリュームを最大にして頂けると嬉しいです。
ここで注意ですが、ヒールランクが『1』以外の人は必ずヒールの玉が5個ある状態でプレイを開始して下さい。

【星の調節について】
アリーナでは、倒されると頭上の星が1つ奪われてしまいます。
また、星が1つも無い状態でラウンド終了を迎えると強制退場させられてしまいます。
その為、ラウンドの残り時間が1分近くになったら「再入場タイム」を設けます。
この時に星が1つも無い人は、再入場をして星を補充して下さい。
「再入場タイム」以外での星の補充は基本的に禁止です。
スムーズな試合進行の為にも、ご協力お願い致します。
尚、再入場タイムの間は時計が止まる為制限時間は減りません。

【復活について】
アリーナ内での復活は自由です。
制限はありません。

【その他・アイテム等の使用について】
プレイ中の「ペット」・「変身」・「エリクサー」等の使用は基本的に禁止ですが、ポーションと包帯の使用に制限はありません。いつでもどこでもポーションと包帯は使用可能です。
また、プレイとプレイの合間の作戦会議の時間等には「エリクサー」以外何でも使用可能です。
なので、プレイの合間に変身をして回復する事は可能です。

【勝利条件について】
・9点先取する
・タイムアップ時に相手チームより多く得点している
以上、どちらか1つを満たすと勝利となります。
同点の場合は引き分けになります。

【注意事項】
観客の方は、ディフェンス。ヒーリング。休憩スキル等を使用し、試合に影響が出ないよう配慮願います。
また、その他周りの方が迷惑に感じるような行為はお控え下さい。
特に爆弾は被害が大きいので、先に使い切っておく事をお勧め致します。
※試合と直接関係のない戦闘(観客同士・観客を巻き込んでの戦闘等)は極力ご遠慮下さい。不快に思われる方もいらっしゃいます。

【反則行為について】
守備側にも関わらず突進スキルを使用してしまった。
爆弾を使ってしまった。等、明らかなルール違反を行うと反則となり、相手チームに1点が入り、相手の攻撃からプレイが再開されます。ご注意下さい。

【賞金について】
イベント終了時、各タイトルの受賞者に賞金を授与させて頂きます。
タイトルは<MVP>以外にも複数予定しています。ご期待下さい。



ご意見・ご質問等あれば、こちらに書き込むかメモ・メッセ等でケロちゅうまでご連絡下さい。


※3chアリーナを数時間占有してしまう事になります。他一般ユーザーの方にはご迷惑をお掛け致します。ご理解とご了承を頂ければ幸いです。

ご参加 お待ちしております!
コメント
この記事へのコメント
ケロさん、イベントお疲れ様です(*´ω`*)

今回は行ける・・かも!(`・ω・´)

とりあえずまた見学だけでも(●´ω`)
金曜を楽しみに今週頑張ります(*`・ω・)ゞ
2008/01/21(Mon) 00:18 | URL  | ふかきよ #-[ 編集]
久しぶりのコメです。 ギルドお世話になりました☆彡
金曜ですか・・・
車校次第でどうなるかわからないけど、暇が出来たら今度は行って見ますねー。
2008/01/21(Mon) 01:10 | URL  | Smile #wNUBx8Dk[ 編集]
>ふかさん。
花金フライデー!
休み前ってテンション上がりますよね!
御来場、お待ちしています。

>スマさん。
こちらこそ、お世話になりました!ありがとうございました。
ええ、お時間があれば是非お越し下さい!
2008/01/21(Mon) 02:18 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
今回も参加しますよー!
せめてタッチダウンを一回でも・・・
2008/01/21(Mon) 02:33 | URL  | ミゼル琥珀 #CjR4k1/2[ 編集]
うおおぉ!
来た来たぁ!マビノギで一番の楽しみになりつつあるマビフトが!
とーぜん今回も参加するであります!この日のために近接スキルを鍛えましたとも!あとはー・・・鎧、高いなあ('A`)=3
まあそんなのはどうでもいいですなwよーし、頑張るぞー!
では、意外とエルフの数が少なくてなんとなく複雑な、アルガナでした
2008/01/21(Mon) 03:28 | URL  | アルガナ #-[ 編集]
>ミゼさん。
タッチダウンが成功した瞬間は快感ですよ!

>アルさん。
おぉ!そう言ってもらえるとイベンター冥利に尽きます。ありがとう!
気合いがあれば鎧なんて無くても無問題です!
そう言えばエルフの数は意外と少ないですよね。
やはり人間が最もメジャーなようですね。
2008/01/21(Mon) 08:56 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
したいけど
復帰できるか…怪しい…w
2008/01/21(Mon) 10:38 | URL  | 輝雪 #7nflydWA[ 編集]
無理はせず、回復したら是非お越しください!
2008/01/21(Mon) 12:37 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
 なんだかエルフにとって凄まじく不利、且つジャイアントに有利な気がします。これがエルフ参加人数が少ない理由ではないでしょうか。

 エルフと人間で比べた時、確かにエルフは凄まじい速度で追いつきますが、相手がジャイアントだとそこまで早くはありまん。
 また、ジャイアントであっても人間より早く、ジャイアントの突進を食らったら大抵のエルフは即死します。突進なんかディフェンスで、といわれても、その直前にストンプで崩されていたらディフェンスが間に合いません。

 そもそもエルフのスキル規制が強いのは何故でしょうか。逃げてカウンターやウィンドミルが出来てしまうからであれば、人間から逃げ切れるジャイアントも規制されて然りです。
 スマッシュであっても、エルフは追いついて攻撃することができるというのであれば、その準備時間は他種族と違い2.5秒です。
 人間の2秒やジャイアントの1.6秒と比べて大分長く崩される可能性も高い上、余計にジャイアントの人間に対する優位性が強調されるのではないでしょうか。
 しかも、エルフプレイヤーの場合、相手がカウンターを使用した場合何も出来ませんよね。

 人間プレイヤーが主流である理由としては、1.ジャイアントを育成している絶対人口が少ない、2.エルフの絶対的な不利である状況から産まれているだけに過ぎないのではないでしょうか。

 このあたり、主催者様はどのようにお考えですか?
2008/01/21(Mon) 16:45 | URL  | せれ #4SZw2tfw[ 編集]
最初にエルフの使えるスキル制限についてです。

実際ゲーム中であれば、
カウンターやディフェンスの準備行動をするだけでも、
攻める側守る側共に、多大なチャンスのロスになります。
なぜなら、動かない相手は放っておけば良いからです。
実際に試合中に、カウンター・ディフェンスを使うのは、
『守り側が最初の突進に備える場合』しか
ほとんど無いと思います。
また、守り側のキャラが自陣地の壁の後ろにいる場合は、
攻め側は突進攻撃で狙えません。
こられの理由から、エルフで参加された方から、
今までカウンターが使えない件、
そして相手のカウンターを崩せない件に関する不満の声が
出なかったのだと思います。

続いてエルフのスマッシュ禁止についてです。
自陣地の壁の後ろでスマッシュを用意し、
サイコロ役の動きを阻止するエルフが、過去の大会で
めまぐるしい活躍を見せました。
突進で狙われず、また速いスピードでサイコロ役を
一撃でダウンさせるからです。
この一人のエルフに対抗する為に
攻め側はサイコロ役とエルフを妨害する2人がいないと、
タッチダウンできません。
つまり、攻め側の1人が2人の守り側の動きを止めなければ
タッチダウンのチャンスは生まれません。
更に、ディフェンス中の相手は放って置けばよいので、
ディフェンスしている相手を攻撃する為にスマッシュが
必要だとは言えません。

現ルールでエルフがウインドミルを使えない理由は、
素早く移動して一撃でサイコロ役をダウンさせる、
という状況を無くす為であります。
ウインドミルでの攻撃も、
一撃でサイコロ役をダウンさせる事ができるので、
現在禁止になっているのでありましょう。
ただ、ウインドミルの準備をするときには、
体が光らずスキルの音だけがするので、
ウインドミルをする事がすぐばれます。
よって(実際に試合をしないと分からないですが)
エルフもウインドミルを使えても構わないと
私は考えます。


続いて、種族別の強さについてです。

現状のルールでは、ジャイアントは恵まれていると思います。
素手で戦うこの試合において、
突進の攻撃力とSTRが高く、人間よりも足が速いジャイアントは
有利だと思います。
ただ、人間キャラなら20転生、人によっては40転生ぐらいもしている人が
何人も参加される事もあり、
それに比べ、ジャイアントは倉庫キャラであったり、
まだ数回の転生しかしていないサブキャラである事がほとんどですので、
人間キャラよりは有利なルールであっても良いともいます。

エルフは確かに、不利だと思います。
特に近接自動防御の装備を身に着けているサイコロ役を攻撃する時、
スマッシュができないために、とても不利になります。
(私としては、近接自動防御の装備を禁止することが良いと思っています。)
ただ、約2秒もあれば自陣から敵陣地へ駆け抜けることのできる
この試合にて、足の早さは大変なアドバンテージです。
うまく立ち回る事で、攻撃にも防衛にも活躍できると、
今までの大会の結果から思います。

人間プレイヤーが主流である理由について、
これは単に、人間キャラがメインキャラである人が
ほとんどだからだと思います。
ジャイアントは人間キャラに比べ、ルール上
格段に有利であるとすら私は思っていますが、
ジャイアントでの参加者はとても少ないです。
エルフが不利であるから参加者が少ない、
とは言えません。
2008/01/21(Mon) 19:15 | URL  | ぽぉ #yDt/5Vf6[ 編集]
せれさん。初めまして、こんばんは。
こんなに本格的なご意見を書き込んで頂き、嬉しく思います。

これから、せれさんのご意見に対する私なりの意見・考え方を書き込ませて頂きますが、『どんなにルールを調整しても有利不利は必ず生まれてしまうもの』と言うのを予めご理解頂いた上でご覧下されば幸いです。

>なんだかエルフにとって凄まじく不利、且つジャイアントに有利な気がします。これがエルフ参加人数が少ない理由ではないでしょうか。
⇒はい。エルフには厳しい規制を、ジャイアントには甘めの規制を掛けさせて頂いておりますので、せれさんの意見も要因として考えられるかと思います。

>エルフと人間で比べた時、確かにエルフは凄まじい速度で追いつきますが、相手がジャイアントだとそこまで早くはありまん。
⇒ええ、その通りです。

>また、ジャイアントであっても人間より早く、ジャイアントの突進を食らったら大抵のエルフは即死します。
⇒はい。これもその通りです。
正確にはデットリー状態になる為即死ではありませんが、その後の追撃でやられてしまいますね。

>突進なんかディフェンスで、といわれても、その直前にストンプで崩されていたらディフェンスが間に合いません。
⇒このマビフトではストンプの使用が可能となっていますが、実際にジャイアントの「ストンプ」→「突進」のコンボは非常に不安定でして、ランクにもよると思いますが・・・繋がらない事が多いかと思います。(検証済みです)
また、突進はアタックで高確率で潰す事が可能な為、ディフェンスに拘る必要はありません。

>そもそもエルフのスキル規制が強いのは何故でしょうか。
⇒エルフのスキル規制が強いのは・・・ズバリ!「最速だから」です。
このマビフトでは攻撃手段がランしか無いため、必然的に足が速いだけでかなりのアドバンテージを得る事が出来ます。
なのでエルフがランナー時には「タッチダウンしても2点しか獲得できない」の規制が。
その他の場合は「使用スキルの制限」と言う形で規制が入っています。
また、第1回目の開催持にはエルフのスキル規制が無く、「エルフが強すぎる!」との声が多数聞かれたのも主な要因として挙げられます。

>逃げてカウンターやウィンドミルが出来てしまうからであれば、人間から逃げ切れるジャイアントも規制されて然りです。
スマッシュであっても、エルフは追いついて攻撃することができるというのであれば、その準備時間は他種族と違い2.5秒です。
人間の2秒やジャイアントの1.6秒と比べて大分長く崩される可能性も高い上、余計にジャイアントの人間に対する優位性が強調されるのではないでしょうか。
⇒はい、そう思われるの・・・とてもよく解ります。
ですがジャイアントにスキル規制を設けてしまうと、戦闘面において「脳筋の人間」の独壇場になってしまうのです・・・人間は重鎧による近接自動防御を使用可能ですが、ジャイアントにはそれがありませんしね。
また、誠に個人的な意見で申し訳ないのですが、「新種族であるジャイアントをもっと皆に使ってほしい」と考えておりまして、ジャイアントの規制は甘めにしてあります。

>しかも、エルフプレイヤーの場合、相手がカウンターを使用した場合何も出来ませんよね。
⇒はい。カウンター待機している相手には何もできません。
しかし、この「マビフト」において、カウンターをする機会はそう多くありません。
守備側の目的はランナーを潰す事ですので、動かない敵は無視してしまえばいいですし、攻撃側にしても、実質戦闘に参加できる2名の内1名がカウンター待機でその場に立ち尽くしている・・・と言うのもかなりリスクを負いますしね。
基本的にカウンターの相手は無視されるのが「マビフト」です。

>人間プレイヤーが主流である理由としては、1.ジャイアントを育成している絶対人口が少ない、2.エルフの絶対的な不利である状況から産まれているだけに過ぎないのではないでしょうか。
>ええ。1.についてはその通りだと思います。
2.に関してですが、実際にマビフトをプレイした事がある方なら解るかと思いますが・・・エルフの足の速さは尋常ではありません。
「足が速い」、だたそれだけで既に大きな武器なのです。
例えスキルが使えずとも、それを補って余りある程の大きな大きな武器なのです。
ここに記載してあるルールだけを見るとエルフが圧倒的に不利なように見えるかもしれませんが、実際のプレイではエルフの活躍もちゃんと見られています。
なので、是非一度試合に出てみる事をお勧めしますよ!

★最後に★
せれさんのご意見は、今後マビフトを運営していく上での貴重な資料として活用させて頂きます。
せれさんのようなご意見が多数寄せられた場合はルールを変更して対応させて頂きますので、皆さんお気軽にドンドン意見を書き込んで下さいねっ!
2008/01/21(Mon) 20:55 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
って、文章を考えている間にぽぉさんの書き込みが!
ぽぉさん、ありがとう!嬉しいです!
それにしても・・・ぽぉさんが言うと説得力がありますね。
2008/01/21(Mon) 20:58 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
ルールから作戦を立てる楽しみもあると思いますっ、に一票。

ちなみに、えんがわさんは人間でかつ、突進持ってないけどそれはそれで楽しいかな。
一緒に組んでる人にはご迷惑おかけしております。 あみえるでした。
2008/01/21(Mon) 21:11 | URL  | あみ #-[ 編集]
おお。素敵な楽しみ方ですね!
うんうん、ちゃっかり入賞していましたしね^^
2008/01/21(Mon) 23:02 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
 ご返答、ありがとうございます。
 疑問が見事に氷解しました。

 実際問題、カウンターなんてブラフでしか使い道が無いんですよね……よくよく考えると。
 スマッシュは確かに、このルールだと脅威になるかもしれませんね。

 ただ、自動防御に規制が無いのはどうなんでしょうね。
 実現が容易と思われる装備=バレンシアクロスラインプレートアーマー+ヘテロカイトシールドで考えると、鎧の+15%に盾の+12%ですので、大体25%くらいは発動するのかな。
 4回に一度のアドバンテージはさすがに過剰ではないでしょうか(さいころを持ってる場合は15%なのでまだマシですし、そもそも改造盾なんて持ってこないような気もしますが)。
 さらに、次回大型アップデートと思われる2月、ジャイアントにもバレンシア系統が実装さることがほぼ確実です。
 ただでさえ1,2回の転生で十分すぎる戦力を手に入れるジャイアントに自動防御を与えると、ちょっと手がつけられないのではないでしょうか。

 私からの意見は以上です。
 重ね重ね、ご返答ありがとうございました。
2008/01/22(Tue) 10:09 | URL  | せれ #j9dRels.[ 編集]
せれさんのご意見、承りました。
それに伴い、ルールを若干変更致しましたのでご確認下されば幸いです。
2008/01/22(Tue) 16:57 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
 素早いご対応ありがとうございました。
 イベントに顔を出させていただくかもしれません。その時は、よろしくおねがいしますね。
2008/01/22(Tue) 19:37 | URL  | せれ #j9dRels.[ 編集]
おお。是非いらして下さい!
大歓迎ですよ!
2008/01/22(Tue) 20:19 | URL  | ケロちゅう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。