タルラークサーバーで活動中の「ケロちゅう」が書くブログです。
ゲームを考える
2018年04月20日 (金) | 編集 |
箇条書きでルール的なもの。



●いくつかある制限の元、スキルやアクションを駆使し自キャラと審判の距離を縮めていくゲーム。

●いわゆる「歩き」や「走り」は行う事ができず、基本的にはスキルやアクションを発動した際の強制的な移動のみを頼りに審判に近付いていく事となる。(もしくは審判を自キャラ方向に引き寄せたり)

●アタックやスマッシュを使用する際の移動は「走り」に分類するものとし、余程密着した状態でなければ使えない。



●会場はアルビバトルアリーナ。(アルビ祭壇にアルビバトルアリーナコインを落とすと入場可能、コインはティルコ学校のレイナルドから購入可能)

●1ゲームにつき参加者は3人。審判は1人。

●1対1対1の、自分以外みんな敵だよ形式。

●ゲームはターン形式で進められる。

●行動順(ターンが回ってくる順番)はサイコロで決める。

●1ターン目の行動順はサイコロで決めた通りだが、2ターン目は審判から見て遠い位置にいるプレイヤーから順に行動を開始する。

●全員が2ターン行動した後、審判がペットを召喚する。

●召喚されたペットは、一番近くにいるプレイヤーにスマッシュ攻撃を行う。(AIで設定済み)

●ペットのスマッシュを食らったキャラクターには3ポイントが入る。

●その後、審判が「闇討ち・旋」スキルを使用。(旋スキルは審判から一番近い位置にいるプレイヤーに自動的に当たる)

●旋スキルを食らったキャラクターは5ポイントが入る。

●ゲーム終了後、獲得したポイントに応じて賞金が手に入る。(1ポイント=10万G)



●ゲーム開始時、審判はアリーナ中央。プレイヤーは審判が設置したアクセサリーの上に乗った状態でスタンバイ。

●アクセサリーに乗る際のキャラクターの向きが、そのままアクション(死んだフリや傘開きジャンプ)の進行方向に直結するため要注意。

●アクションは1ターンに何度でも使用可能。スキルとの併用も可能。

●スキルの使用・発動は1ターンに一度しか行えず、スキルが発動された時点でそのターンは終了となる。

●アローリボルバーのように一度のスキル準備で複数回攻撃可能なスキルは、基本的にワンクリック分の攻撃しか認められない。

●地面をクリックする事でしか発動できないスキル(ファイナルショットの瞬間移動等)は使用禁止。

●スキルキャンセルは自由。

●自ターンでない場合でも、移動さえしなければスキルの準備・発動は可能。(カウンターやマジックシールド等の受動的なものに限る)

●自発的・能動的なスキルの発動(他プレイヤーをクリック等)は自ターンでのみ可能。

●審判、及び他の参加者を攻撃することも可能。

●ただし、自ターン内で審判や他プレイヤーを行動不能にさせてしまった場合は即失格となる。

●行動不能になったキャラクターはアクセサリーの位置から再スタート。

●回復アイテムの使用は自由。

●装備やタイトルに制限は無し。

●後々は1ターン毎に制限時間が設けられる予定。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可